カープ

11月4日巨人戦 「凡打生かす」来季こそ

2020/11/4 23:07

 凡打を生かす攻撃が増える―。そんな期待を抱いたのは日南春季キャンプであった初の紅白戦だった。無死一、二塁で会沢が飛距離十分の右飛を放ち、二塁走者を三塁へ進めた。「まさか最初の実戦で(進塁打のサインが)出るとは。金になる打撃ですよ」。今季から走者を進めた凡打は査定ポイントがアップするという。意識を浸透させるため、朝山打撃コーチが球団に働き掛けたのだ。
(ここまで 176文字/記事全文 499文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球炎の最新記事
一覧

  • 5月5日巨人戦 攻撃、細部にこだわりを (5/5)

     勝利の女神がそっぽを向き始めたのは、いつからか。無得点に終わった一回の攻撃に脱力感を覚えると、あるシーンがよみがえった。4月28日のDeNA戦。一回、先頭の菊池が二塁打を放つと、続く羽月はバントをし...

  • 5月4日巨人戦 半端な振り、主将の苦悩 (5/4)

     鈴木は見逃し三振を喫しても、いつも堂々とベンチに戻る。主砲への攻めは厳しい。だから追い込まれてもある程度、球種やコースを割り切る。ズバリとはまってチームを救う数々の劇的な一打を放ってきた。しかし、読...

  • 5月3日巨人戦 苦境でこそ全力プレー (5/3)

     選手たちは疲れているに違いない。体も、そして心も。1日の阪神戦は降雨ノーゲームとなったものの、今季初の“9連戦”のまっただ中。チームは打てず、守れずで4連敗中で迎えた一戦。トンネルは抜け出せなかった...

  • 5月2日阪神戦 捕逸の坂倉、悔しさ糧に (5/2)

     勝敗を決定づけた1点は、あっけないプレーで失った。3―5の六回1死満塁、マルテへの初球。坂倉はコルニエルが投じた地面すれすれの158キロを後ろにそらした。ただのミスなら、仕方ない。諦めきれないのは、...

  • 4月30日阪神戦 投手追い込む低調打線 (4/30)

     ベンチで放心する九里の姿を見て、彼は誰に負けたのかを考えている。それは長打力たっぷりの阪神打線ではなかったと、思う。絶対に点を与えるわけにはいかない。そう自分を追い込み、慎重すぎるほど慎重に投げてい...