カープ

11月5日巨人戦 奪三振増 投手に力強さ

2020/11/5 23:53

 横山投手コーチが1年前の就任会見で発した所信表明に昭和の薫りを感じていた。「打たせて取るよりも三振を狙う意識を持ってほしい」。打者の手元で動く変化球で凡打を誘うのが主流の今、時代に逆行するかのようなメッセージにわくわく感を覚えた。
(ここまで 116文字/記事全文 506文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球炎の最新記事
一覧

  • 6月19日DeNA戦 避けたかった栗林連投 (6/19)

     22日ぶりの連勝なのにホラー映画を見たような気分である。8点リードで迎えた九回、みるみる追い上げられ、1点差の薄氷の勝利。1イニング7失点は4連覇がついえた2019年9月19日のDeNA戦以来となる...

  • 6月18日DeNA戦 負の流れ断つ林の度胸 (6/18)

     林の度胸の良さに目を見張った。三回、2点を勝ち越して無死満塁。二つの押し出しを含む3連続四球の直後だった。真ん中に来た初球のチェンジアップをフルスイング。「四球の後の初球を狙え」というセオリーはある...

  • 6月16日日本ハム戦 捕手争い本格化、楽しみ (6/16)

     2019年のスカウト会議。球団から一つの補強ポイントが提示された。「下位指名できる即戦力捕手」。そんな難題に、全てのスカウトは頭を抱えた。担当する関西に戻った鞘師スカウトは、ある試合で目が光った。「...

  • 6月15日西武戦 待望の競争が始まった (6/16)

     春先の気持ちを思い出す。佐々岡カープ2年目に向けた一番の希望は、河田ヘッドコーチの就任だった。指導力よりも期待したことがあった。菊池も鈴木も同じように言った。「悪いことは悪い。どの選手にも区別なく、...

  • 6月14日西武戦 機動力生かし停滞打破を (6/15)

     西武の守護神、平良を見た。開幕から2カ月半、いまだ防御率0・00という、うわさの怪腕である。早い間合いでぶん投げてくる球が力強い。1点を追う九回1死、林がしぶとくバットに当て、敵失で出塁したのも実ら...