• トップ >
  • カープ >
  • 話題 >
  • 自由契約の小窪「可能性が1パーセントでもあるなら現役挑戦」

カープ

自由契約の小窪「可能性が1パーセントでもあるなら現役挑戦」

2020/11/6 20:30
「(現役を)やりたい気持ちが強い」と広島退団の理由を語る小窪

「(現役を)やりたい気持ちが強い」と広島退団の理由を語る小窪

 広島を自由契約となる小窪が6日、大野屋内総合練習場で取材に応じた。「(現役続行の)可能性が1パーセントでもあるなら挑戦してみたい気持ちが強い。どこもなかったら諦めがつく」と打診された指導者への転身を断った理由を説明。現状では日本野球機構(NPB)の球団を想定してオファーを待つ。

 9月末から球団と去就について話し合ってきたという。「カープには感謝の気持ちでいっぱい」と13年間所属した球団に感謝。指導者の打診については「(現役を)やりたいのに、と思いながらやるものではない。選手やチームのためにできないかなと思った」と意思を貫いた。

 低迷期の2008年に入団し、16年には選手会長として25年ぶりの優勝に貢献。「キャンプイン前日に引っ張っていってほしい選手に思いを伝えて、彼らが本気になってやってくれた。雰囲気が違って優勝できると思った」と振り返った。(川手寿志)

【関連記事】

【小窪の一問一答全文】まっちゃん(松山)に、まだ負けたくないという気持ちもある

小窪、自由契約 移籍を希望

戸田、藤井皓、平岡の3投手が戦力外

愛された指揮官 水本2軍監督退団

【特集】カープ一筋19年 石原捕手引退


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧