カープ

若ゴイ、1軍舞台で競う 2軍日程終了、投手育成苦しむ

2020/11/7 8:25
将来の大砲として期待がかかる林(撮影・山下悟史)

将来の大砲として期待がかかる林(撮影・山下悟史)

 広島東洋カープ2軍は、ウエスタン・リーグの全日程を終えた。本拠地の由宇球場(岩国市)では新型コロナウイルスの影響でシーズンを通して無観客試合。投手育成に苦しんだが、多くの若手野手が1軍の舞台に立ったシーズンでもあった。今季で退いた水本勝己前監督は「若い子たちが『経験させてもらった』。1軍の選手と競い合う中で大きくなってほしい」とエールを送った。
(ここまで 174文字/記事全文 766文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 10月17日のセ・リーグ中日戦で内野安打を放つ羽月(撮影・河合佑樹)
  • ウエスタン・リーグで最多安打のタイトルを獲得した小園(撮影・山下悟史)
  • 救援として成長を遂げた塹江(撮影・山本誉)
  • 1軍で好投を続けるケムナ(撮影・山本誉)
  • 1日の中日戦で初登板した玉村(撮影・山下悟史)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

ファーム情報の最新記事
一覧

  • 一岡、教育リーグ「無失点」の決意 1軍昇格期す (3/4)

     広島の一岡が1軍昇格を期し、5日に始まる2軍の教育リーグに臨む。「アピールしなきゃいけない立場。公式戦と同じように、好調不調は関係なく、どう無失点に抑えるかを考えていく」と意気込む。

  • 岡田2軍で再始動、「お尻を使う」新フォームに手応え (3/3)

     広島の2軍が3日、廿日市市の大野屋内総合練習場で再始動した。多くの投手がブルペンに入って調整する中、昨季1軍出場がなかった岡田も精力的に投げ込んだ。

  • 坂倉、離脱の悔しさ胸に再起へ (3/3)

     広島の坂倉が出直しを誓っている。2軍が廿日市市の大野屋内総合練習場で再始動した3日、打撃練習などで調整。「(1軍で)僕と同じくらいの年齢の選手がみんな頑張っている。悔しさと不安がある」と口にする。

  • 2軍も大野でトレーニング再開 (3/3)

     1日まで宮崎県日南市で春季キャンプを張っていた広島の2軍は3日、廿日市市の大野屋内総合練習場で練習を再開した。 午前9時に始動。安部や小園ら野手陣はノックや打撃練習に取り組んだ。キャンプ序盤に下半身...

  • 【注目!Cファーム】小林誠二’S EYE 投手陣の争い今季は激化 (2/26)

     昨季は投手陣の故障で苦しい面が多々あった。しかし現状を見てみると、復帰できそうなメンバーも多く、ドラフト1〜3位の即戦力に近い投手が加わった。競争が激化するシーズンになるだろう。投手不足の1年間がう...