カープ

11月7日阪神戦 フェアな捕手、去り際も

2020/11/7 23:21

 感傷に浸りながら、数年前の一場面を思い出している。勝負どころで際どいところに投げられた球。ボールの判定にジョンソンは手を広げ、アピールする。記者席からも入っているように見えたが、石原は何事もなかったように素早く球を投げ返した。翌日、聞いた。「だって、外れてたから」
(ここまで 133文字/記事全文 495文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球炎の最新記事
一覧

  • 5月16日DeNA戦 采配で選手の調子維持を (5/16)

     両チームとも一押しを欠き、ドローゲーム。広島のワンプッシュを期待したのは七回だった。2死三塁、代打に長野。ここで初球から打ち、二飛に倒れた。力のない凡打は誰も責められない。気になるのは出番の少なさで...

  • 5月14日DeNA戦 痛さ見せず、疾走の西川 (5/14)

     プレー中の西川をつい目で追ってしまう。そろそろ打つか、という視点だけではない。昨年、メスを入れた右足。グラウンドでは屈伸したり、足首を回したりするなど気にするそぶりがまるでない。「だって(気にしたら...

  • 5月12日ヤクルト戦 野手も若返りで競争を (5/12)

     負けを防いだ栗林はチームの命綱である。初登板から連続試合無失点を16に。ドラフト制導入後の自らの新人記録を塗り替えた。チームはこれで37試合を消化。昨季の同時期に4度も喫していたサヨナラ負けという大...

  • 5月9日中日戦 仲間を信じる攻撃が見たい (5/9)

     零封負けの攻撃陣に、技術がないとは思えない。今、欠けているのは仲間に頼るという気持ちではないか。0―2の九回1死一、二塁、ついに訪れた好機で、カウントは3ボール。ここで打席の鈴木は内角直球を振ってい...

  • 5月8日中日戦 潮目変える白星になれ (5/8)

     1990年5月9日は、佐々岡監督がプロ初セーブを挙げた日である。その4日前には先発していた新人右腕に託されたのは、1―0の八回からのマウンド。きっちり無失点に抑えた大仕事にこう感じる。昔の野球選手の...