カープ

【1999年連載「赤ヘル新人群像」】 <6> 森笠繁(外野手)=ドラフト4位

2020/11/16 19:02

 ▽熱心さ「おやじ」も絶賛

 関東学院大時代、ジャージー姿の森笠がくたくたになった体を休めたのが、合宿所近くの銭湯。その主人、洞内幸男さん(72)=神奈川県横須賀市=は声を詰まらせる。「孫みたいなもんです。忍耐強く、おごり高ぶる姿を見たことがない」。そう話す洞内さんを、森笠は親しみを込めて「天神湯のおやじ」と呼ぶ。
(ここまで 157文字/記事全文 1011文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 高い打撃技術で、左の代打として活躍した森笠
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

球団70年を彩った男たちの最新記事
一覧