カープ

佐々岡監督、先発矢崎に及第点 「いい投球続いている」

2020/11/21
【ヤクルト―広島】先発し、好投する矢崎(21日午後0時52分、撮影・山本 誉)

【ヤクルト―広島】先発し、好投する矢崎(21日午後0時52分、撮影・山本 誉)

 フェニックス・リーグのヤクルト戦を視察した佐々岡監督は、7回2失点の先発矢崎に及第点を与えた。「変化球でストライクが取れるかや制球を課題とする中で、いい投球が続いている」と評価した。
(ここまで 92文字/記事全文 305文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • メヒアが帰国、来季は「いいパフォーマンス出す」 (11/24)

     メヒアが24日、母国ドミニカ共和国に向け、帰国の途に就いた。

  • 【きょうは何の日】1972年11月25日 (11/24)

     初代監督の石本秀一氏が野球殿堂入りした。球団関連では初、30年代には阪神を率いて黄金時代を築く。75歳での栄誉に「もう一度、若い人を指導したい」。

  • 坂倉、倍増の1800万円 契約更改始まる (11/23)

     広島の契約更改交渉が23日、広島市南区の球団事務所で始まり、8選手が更改した。2番手捕手の座をつかみ、自己最多の81試合に出場した坂倉将吾捕手(22)は900万円増の年俸1800万円でサインした。

  • 坂倉、先発マスク47試合の成長 課題の守備向上期す (11/23)

     坂倉の表情には充実感がにじんだ。倍増となる年俸1800万円で更改。「正直に言えば、できすぎだなと思う部分もある。(球団から)頑張ってくれたという言葉をいただいた」。捕手に専念した4年目で先発マスクデ...

  • 床田は現状維持「悔しいシーズン」 (11/23)

     現状維持でサインした床田に笑顔はなかった。「思い通りにいかないというのがずっとあった。すごく悔しいシーズンだった」。防御率は4・93。約1カ月の2軍降格を挟んで5連敗も味わう苦しい1年となった。