カープ

床田は現状維持「悔しいシーズン」

2020/11/23 21:04
床田

床田

 現状維持でサインした床田に笑顔はなかった。「思い通りにいかないというのがずっとあった。すごく悔しいシーズンだった」。防御率は4・93。約1カ月の2軍降格を挟んで5連敗も味わう苦しい1年となった。
(ここまで 96文字/記事全文 261文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 大瀬良まず登板、阪神・巨人戦「とにかく勝つ」 先発陣再編 (5/17)

     セ・リーグ4位の広島は、先発陣を再編して上位追走に打って出る。交流戦前の最後の1週間は、18日から2位の巨人2連戦(東京ドーム)、21日から首位の阪神3連戦(マツダ)と上位と対戦。各カードの初戦には...

  • 【きょうは何の日】1967年5月18日 (5/17)

     18歳7カ月の新人、三村敏之がリーグ最年少の代打本塁打でプロ初安打をマークした。中日球場での中日戦、0―6の九回に左越えソロ。零封を免れる一発だった。

  • 【きょうは何の日】1981年5月17日 (5/16)

     長崎で球団タイの1試合7アーチを架けた。ヤクルト戦で衣笠祥雄が先制、達川光男がプロ初、ライトルとガードナーが2打席連続、中尾明生がダメ押しの一発を放った。

  • これが西川「曲芸打ち」5月初打点 (5/16)

     広島の西川が16日のDeNA戦(マツダ)で「曲芸打ち」の適時打を放ち、5月初打点をマークした。 打撃不振で今季初めて下位打線の7番で先発。四回1死二塁で打席へ入り、2ストライクからファウルで粘って迎...

  • 鈴木が先制犠飛、7試合ぶり打点 16日DeNA戦 (5/16)

     広島の鈴木が16日のDeNA戦(マツダ)で、5月3日以来7試合ぶりの打点を挙げた。今季17打点目。 「3番・右翼」で出場。一回1死から羽月隆太郎が右中間三塁打で出塁すると、2ボール2ストライクからセ...