カープ

永井、打の感覚回復へ懸命 フェニックスLに帯同中/8月に左手有鉤骨手術

2020/11/25 7:49
打撃の感覚を取り戻そうと必死にバットを振る永井

打撃の感覚を取り戻そうと必死にバットを振る永井

 広島の永井が、骨折で失った打撃の感覚を取り戻そうと必死だ。8月に左手の有鉤(ゆうこう)骨を手術し、「握力が落ち、スイングのイメージがぐちゃぐちゃになった」。宮崎県で行われている2軍の秋季教育リーグ、フェニックス・リーグに帯同し、一心不乱にバットを振っている。
(ここまで 130文字/記事全文 611文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

ファーム情報の最新記事
一覧