カープ

森下、来季へ「何かひと工夫、ふた工夫」

2020/11/29 16:23
森下

森下

 森下が2年目の来季に向け、持ち球のレベルアップを目指す。「同じだったら打たれる。何かひと工夫、ふた工夫できるようにしたい」と明かした。

 【森下ロングインタビュー】開幕前に語った「本当にいいチームに入った」

 球種は直球、カットボール、カーブ、チェンジアップ。「まず、今投げている球の精度を上げたい。(新球習得は)まだ考えていない」と力を込める。

 29日から初めてのオフに入った。大瀬良との自主トレーニングを希望している。「1年目だけ結果を残しても意味がない。これを続けていくのがプロだと思っている」。今季はチームトップの10勝(3敗)、リーグ2位の防御率1・91をマーク。新人王の最有力候補に慢心はない。
(ここまで 304文字/記事全文 304文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • カープ松山が痛恨の悪送球、二塁から生還許す (6/23)

    【広島2―5ヤクルト】(23日、マツダスタジアム) 広島東洋カープで4試合ぶりに一塁で先発した松山竜平が手痛いミスをした。2―1の三回1死一、二塁、一ゴロを捕った後、併殺を狙って二塁へ投げたが、センタ...

  • 栗林良吏の連続無失点記録、記念プレート マツダスタジアム (6/23)

     プロ初登板からの連続無失点記録を樹立した広島東洋カープの栗林良吏の記念プレートが23日、マツダスタジアム左翼席後方の壁面に設置された。ねじを締めた栗林は「一つの記録として残すことができたし、たくさん...

  • 高橋昂24日先発「臆せず、粘り強く」 (6/23)

     広島の高橋昂が、24日のヤクルト戦(マツダ)に予告先発する。山田と村上の日本代表コンビが中軸を務める相手とは今季初対戦。「臆せずに、試合を粘り強くつくっていけるように頑張っていきたい」と誓いを立てた...

  • 稲葉監督、マツダスタジアム訪れ選手にあいさつ (6/23)

     東京五輪の野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督が23日、公式戦視察のためマツダスタジアムを訪れ、内定選手に決まっている広島東洋カープの選手たちにあいさつした。 建山義紀コーチとともに、広島の試合...

  • 鈴木誠也の登録抹消、ワクチンで副反応 (6/23)

     広島東洋カープの鈴木誠也が23日、特例2021の対象選手として、出場選手登録を抹消された。 東京五輪代表に選ばれている鈴木は、21日に新型コロナウイルスのワクチンを接種した後、副反応が出たとして22...