カープ

森下、来季へ「何かひと工夫、ふた工夫」

2020/11/29 16:23
森下

森下

 森下が2年目の来季に向け、持ち球のレベルアップを目指す。「同じだったら打たれる。何かひと工夫、ふた工夫できるようにしたい」と明かした。

 【森下ロングインタビュー】開幕前に語った「本当にいいチームに入った」

 球種は直球、カットボール、カーブ、チェンジアップ。「まず、今投げている球の精度を上げたい。(新球習得は)まだ考えていない」と力を込める。

 29日から初めてのオフに入った。大瀬良との自主トレーニングを希望している。「1年目だけ結果を残しても意味がない。これを続けていくのがプロだと思っている」。今季はチームトップの10勝(3敗)、リーグ2位の防御率1・91をマーク。新人王の最有力候補に慢心はない。
(ここまで 304文字/記事全文 304文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧