カープ

【カープ70周年 70人の証言】<2>1951年 長谷部稔さん(89)

2020/12/1 22:40
長谷部稔さん

長谷部稔さん

 ▽月給 たまに1000円もらっておしまいよ

 専らブルペンで球を受ける3番手捕手として、1軍に帯同し続けた。「月給5千円のはずじゃったが、わしら若手は常に後回し。たまに千円もらっておしまいよ。しょうがないよのう。銭がなかったんじゃけ」。捕手ならではの優れた記憶力で、尽きない「貧乏話」を克明に語る。
(ここまで 149文字/記事全文 1025文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 本通り商店街でサイン入りの鉛筆を売る、長谷部さん(左端)ら選手たち(1951年12月15日)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

カープ70周年 70人の証言の最新記事
一覧