カープ

「目標数字決めたらろくなことない」 西川一問一答<下>

2020/12/3 17:52
500万円ダウンの6300万円で契約を更改、開幕に向けてリハビリに努めると話す西川

500万円ダウンの6300万円で契約を更改、開幕に向けてリハビリに努めると話す西川

 ―今季はプロ初の4番も務めるなど、いろんな打順で結果を残しました。打順へのこだわりは。

 こだわりはない。新しい外国人選手も来ますし、カープはいい打者が多い。どこを任されてもいいように準備はしますけど、あんまりここ打ちたいとかはないです。

 ―外野転向2年目。手応えは。

 今年に関しては昨年の方がうまかったんちゃうかなとは自分の中では思う。一年中フワフワしていた感じだった。

 ―コンディションが万全ではなかったからですか。

 それを言い訳にしていたら、あれなんで。試合に出る以上はしっかりやろうと決めていた。自分の技術不足かなと思います。

 ―河田ヘッドコーチが復帰します。
(ここまで 284文字/記事全文 826文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • タイムリー欠乏症の打線 鍵はつなぐ意識 (5/6)

     広島の打線がタイムリー欠乏症に陥っている。1分けを挟んで6連敗中の7試合は1試合平均1・86得点。得点圏打率は1割5分4厘と振るわない。朝山打撃コーチは「なかなかつながりを欠いて点が入らない状況が続...

  • 玉村、プロ初勝利誓う 「緩急付けて押していく」 (5/6)

     2年目左腕の玉村がプロ初勝利に向け、一発封じを誓った。初登板だった4月29日のDeNA戦は2本塁打を浴びるなど5回5失点で初黒星。「カーブやチェンジアップをうまく使っていきたい。緩急を付けながらどん...

  • 【きょうは何の日】2006年5月7日 (5/6)

     ブラウン監督が一塁ベースを放り投げた。中日戦(広島)で先発ロマノが退場処分。審判団への抗議が聞き入れられず、意図的なパフォーマンスでナインを鼓舞した。

  • 高橋昂、6回1失点の好投も援護なし (5/5)

    【広島―巨人】(5日、マツダスタジアム) 広島東洋カープの先発高橋昂也が6回を投げ、4安打1失点と好投した。 カットボールとフォークがさえ、6三振を奪った。最大のピンチは0―0の四回。無死から坂本とウ...

  • 【きょうは何の日】2017年5月6日 (5/5)

     球団史上最多の9点差を守れず、逆転負けを喫した。甲子園の阪神戦、岡田明丈が六回に乱れ、中田廉や薮田和樹も打ち込まれた。1995年以来、2度目の屈辱だった。