カープ

【カープ70周年 70人の証言】<7>1956年 宗近守平さん(84)

2020/12/6 22:41
宗近守平さん

宗近守平さん

 ▽働きもせんと、ようけもらってと嫌み

 1956年、開幕から低迷するカープで孤軍奮闘したのが身長167センチの小さな大投手、長谷川良平である。この年、チーム45勝のうち、一人で22勝を稼いだ。その右腕に、すぐそばで羨望(せんぼう)のまなざしを向ける投手がいた。「細かったけど、全身がばねのような感じ。野球の神様のようなもんで、話すだけでも大変」。同じ167センチの2年目左腕にとって、エースの勇姿は憧れそのものだった。
(ここまで 209文字/記事全文 1068文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 開幕に備えた合宿での食事風景(1956年2月14日)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

70周年 70人の証言の最新記事
一覧