• トップ >
  • カープ >
  • 話題 >
  • 大瀬良「球団からエースという言葉をかけてもらった」【一問一答】

カープ

大瀬良「球団からエースという言葉をかけてもらった」【一問一答】

2020/12/9 18:01
契約更改を終え、会見する大瀬良

契約更改を終え、会見する大瀬良

 大瀬良の主な一問一答は次の通り。

 ―サインは。

 サインさせてもらいました。

 ―球団とはどんな話をしましたか。

 来年は1年間、しっかりと上で投げてほしい、エースなんだから、と。そういう言葉をもらった。面と向かって、球団からエースという言葉をかけてもらった。ありがたい。しっかり自覚を持ってやりたい。

 ―金額は。

 ダウンです。2500万円。1億5千万円でサインさせてもらった。金額に関しては特に何もないですし、また来年頑張りたい。その思いだけです。

 ―球団には何の話をしましたか。

 コロナで大変な部分もあるが、選手がやりやすい環境もできるだけ整えてもらって、頑張ってやりたいという話をした。

 ―今季を振り返って。

 スタートはいい形で入れた。悔しさもある。申し訳なさもある。思うような成績ではなく、責任を感じている。

 ―シーズン途中で故障離脱しました。

 簡単に離脱することはできないと思っていた。いざ離脱することになると長く離脱したので、そのへんを考え直したい。うまくやれる部分もあったのかな。引っ張っていかないといけない立場。長く離脱して感じる部分もあった。自分の体をもっと知って、けがをしないように。考え方を変えてやらないといけない。

 ―九里投手の奮闘や森下投手の台頭がありました。
(ここまで 541文字/記事全文 1450文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • リーグ打率トップの菊池、意地の勝ち越し打 (5/8)

    【中日―広島】(8日、バンテリンドーム) 広島東洋カープの菊池涼介が、意地の勝ち越し打を放った。 2―2の七回1死二塁、福谷が投じたツーシームを強振。鋭いゴロは左翼線を破る適時二塁打となった。代わった...

  • 羽月、初アーチに続き勝ち越し打 打率は3割超え (5/8)

    【中日―広島】(8日、バンテリンドーム) 広島東洋カープの羽月隆太郎が乗っている。 四回に同点となるプロ初本塁打を放った3年目が勢いを見せつけたのは五回だった。2死一、二塁で低めのツーシームを捉え、し...

  • 羽月、3年目でプロ初アーチ 内角直球を右翼席へ (5/8)

    【中日―広島】(8日、バンテリンドーム) 広島東洋カープの3年目羽月隆太郎がプロ初アーチを放った。 1点を先制された直後の四回無死、1ボール1ストライクから内角の直球を鋭く振り抜いた。打球は右翼席ギリ...

  • 【きょうは何の日】2001年5月9日 (5/8)

     ロペスが通算100号本塁打を達成した。巨人戦(広島)の二回、6点差逆転の口火を切る左越えソロ。広島の外国人では、ライトルとギャレットに続く大台だった。

  • 九里、連敗ストップへ 「攻撃のリズム生むテンポで」 (5/8)

     広島東洋カープの九里亜蓮が、二つの「連敗ストップ」を懸けて8日の中日戦(バンテリンドームナゴヤ)に臨む。チームは引き分けを挟んで6連敗中で、自身も3連敗中。「攻撃面にリズムが生まれるようなテンポで投...