カープ

【カープ70周年 70人の証言】<11>1960年 平田憲穏さん(79)

2020/12/10 23:16
平田憲穏さん

平田憲穏さん

 ▽手応えなかった。芯に当たったんじゃろね

 左中間席へ架けた放物線の残像は、今も脳裏にある。「手応えはまるでなかった。真芯に当たったんじゃろね」。1960年8月28日、広島市民球場のウエスタン・リーグ西鉄戦。同点の九回、18歳のルーキーの劇的なサヨナラ弾で球団初の2軍優勝が決まった。
(ここまで 142文字/記事全文 1032文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • ウエスタン・リーグを制した2軍選手たち(1960年8月28日)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

70周年 70人の証言の最新記事
一覧