カープ

長野「得点圏打率は少しは良かったかな」【一問一答】

2020/12/11 18:24
500万円減の1億6500万円で更改した長野

500万円減の1億6500万円で更改した長野

 契約を更改した長野久義選手の主な一問一答は次の通り。

 ―サインはされましたか。

 はい。

 ―金額については。

 ことしも秘密です。

 ―球団とはどのような話をしましたか。

 チームが5位という結果に終わってしまったことがすごく悔しかったですし、個人的には打席数も少なかった。もっともっとできましたという話はしました。

 ―球団側からは。

 もう一度レギュラーを取るつもりで頑張ってほしいと声をかけていただきました。ことしは新型コロナウイルス(の影響)でいつもと違うシーズンで大変なシーズンでしたけど、チームから一人も出なかったことは良かったなという話と、医療従事者の皆さんに2020年シーズンのプロ野球ができたことを本当に感謝したいと思います。

 ―今季の成績についてはどのように考えていますか。

 満足できる数字は一つもなかったので、もっともっと頑張らないといけないと思いましたし、カープファンの皆さんにもっともっとかっこいい姿を見せられるように来年頑張ります。

 ―本塁打数が2年ぶりに2桁(10本)になり、代打打率や得点圏打率の数字など、昨季より良い部分もありました。

 去年と比べてと言われると恥ずかしいので言わないでほしいんですけど、得点圏打率(4割3厘)とかは少しは良かったかなと思いますけど、まだまだいい場面で打てばもっとチームが勝てたと思いますんで。

 ―代打打率も4割を超えていました(4割4分)。

 1打席という難しい仕事ですけど、スタメンでいっている選手が打てないのに代打の1打席で打つのはなかなか難しいと割り切って打席に入るようにはしました。

 ―佐々岡体制1年目のシーズンでしたが、チームの雰囲気はどう映っていましたか。
(ここまで 709文字/記事全文 1917文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧