• トップ >
  • カープ >
  • 話題 >
  • 【一問一答】田中「残留して良かったと言ってもらえる成績を」

カープ

【一問一答】田中「残留して良かったと言ってもらえる成績を」

2020/12/17 15:10
来年の目標である「優勝」の文字を書いた色紙を手に、ガッツポーズをする田中

来年の目標である「優勝」の文字を書いた色紙を手に、ガッツポーズをする田中

 契約更改後に会見した田中の主な一問一答は次の通り。

 ―サインは。

 しました。

 ―金額は。

 ご想像にお任せします。

 ―1時間を超えましたが、どのような話し合いをしましたか。

 個人の話はFAのときにたくさん話をしたので、ほぼほぼチームのことですね。

 ―何か要望はされましたか。

 チームから出た要望を、代表という形で伝えさせてもらいました。施設の環境面とか、食事のことであったりとかを伝えさせてもらいました。

 ―球団の方からはどのような回答がありましたか。

 そこはしっかりと検討するという話をいただきました。

 ―新型コロナウイルスへの対策についても話をされましたか。

 もちろん。外食ができなくなるので、飽きないように品数を増やしてもらったりとか。今季もしていたので、引き続きそういうのもしてもらえたらありがたいなという話はしました。

 ―環境面の話で具体的にされたことは。

 きょうは大野(屋内総合練習場)と由宇(球場)の改善点という話をもらったので、それについてお話しさせていただきました。

 ―今季を振り返って球団からはどのような声掛けがありましたか。

 1年間お疲れさまと。普段と違ったシーズンでしたので、その中でよくやってくれたという言葉はもらいました。

 ―選手会長として異例のシーズンを戦いました。

 あらためて満員のお客さんの中で野球をできている幸せを感じた1年でもありましたし、僕らは野球をやるだけですけど、ことしは新型コロナウイルスの最前線で医療従事者の方々が尽力してくれたおかげでこうやって野球もできた。プロ野球は皆さんがあってこそのプロ野球だなというふうには思いました。

 最初は野球をしていいのかという思いでシーズンを迎えたので。僕自身は外食するなというのは当然のことであるなと思っていた。僕たちが野球をするにあたって、動いてくれた人たちに感謝したいと思います。
(ここまで 784文字/記事全文 3497文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • リーグ打率トップの菊池、意地の勝ち越し打 (5/8)

    【中日―広島】(8日、バンテリンドーム) 広島東洋カープの菊池涼介が、意地の勝ち越し打を放った。 2―2の七回1死二塁、福谷が投じたツーシームを強振。鋭いゴロは左翼線を破る適時二塁打となった。代わった...

  • 羽月、初アーチに続き勝ち越し打 打率は3割超え (5/8)

    【中日―広島】(8日、バンテリンドーム) 広島東洋カープの羽月隆太郎が乗っている。 四回に同点となるプロ初本塁打を放った3年目が勢いを見せつけたのは五回だった。2死一、二塁で低めのツーシームを捉え、し...

  • 羽月、3年目でプロ初アーチ 内角直球を右翼席へ (5/8)

    【中日―広島】(8日、バンテリンドーム) 広島東洋カープの3年目羽月隆太郎がプロ初アーチを放った。 1点を先制された直後の四回無死、1ボール1ストライクから内角の直球を鋭く振り抜いた。打球は右翼席ギリ...

  • 【きょうは何の日】2001年5月9日 (5/8)

     ロペスが通算100号本塁打を達成した。巨人戦(広島)の二回、6点差逆転の口火を切る左越えソロ。広島の外国人では、ライトルとギャレットに続く大台だった。

  • 九里、連敗ストップへ 「攻撃のリズム生むテンポで」 (5/8)

     広島東洋カープの九里亜蓮が、二つの「連敗ストップ」を懸けて8日の中日戦(バンテリンドームナゴヤ)に臨む。チームは引き分けを挟んで6連敗中で、自身も3連敗中。「攻撃面にリズムが生まれるようなテンポで投...