カープ

栗林、新人王に意欲 社会人ドラ1では津田・長冨が受賞

2020/12/29 23:10
背番号20のユニホームに袖を通し、新人王獲得を誓う栗林(手前)。奥は佐々岡監督

背番号20のユニホームに袖を通し、新人王獲得を誓う栗林(手前)。奥は佐々岡監督

 広島のドラフト1位栗林(トヨタ自動車)が、森下に続く2年連続の新人王の獲得に意欲を燃やしている。社会人からドラフト1位で広島に入団した投手は過去11人で、1年目に新人王に輝いたのは1982年の津田、86年の長冨の2人。14年ぶりの「社会人ドラ1」は投手王国を支えた先輩たちの背中を追う。
(ここまで 144文字/記事全文 607文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 松山、休日返上でスイングに汗 (3/8)

     休日でも、松山はバットを振り込んだ。野手が休みの8日、マツダスタジアムで打撃練習に取り組んだ。

  • 【きょうは何の日】2016年3月9日 (3/8)

     バティスタと育成選手契約を結んだ。ドミニカ共和国カープアカデミー出身。2軍で経験を積む。17年に支配下登録され、2打席連続代打本塁打でデビューする。

  • 【きょうは何の日】1977年3月8日 (3/7)

     軟式出身のテスト生左腕、大野豊の入団を発表した。背番号60の21歳は「4年後をめどに頑張る」。この秋にデビュー、球団最多の707試合登板へ歩み始める。

  • 広島に赤い球春 今季初のオープン戦 (3/6)

     広島東洋カープは6日、広島市南区のマツダスタジアムで今季初のオープン戦となるヤクルト戦に臨み、1―0で勝った。【デジタルアルバム】カープ 大瀬良大地投手 開幕投手に指名された大瀬良大地が先発し、4回...

  • 【きょうは何の日】1965年3月7日 (3/6)

     長谷川良平の引退式が広島市民球場であった。14年間で621試合、213完投、197勝208敗、防御率2・65の「小さな大エース」が、万雷の拍手を浴びた。