• トップ >
  • カープ >
  • 話題 >
  • 森下、2021年の誓い 「1勝でも多く。プラス思考でレベルアップを」

カープ

森下、2021年の誓い 「1勝でも多く。プラス思考でレベルアップを」

2021/1/1 6:01
来季の目標に「10勝以上」を掲げ、ポーズを決める森下(撮影・河合 佑樹)

来季の目標に「10勝以上」を掲げ、ポーズを決める森下(撮影・河合 佑樹)

 広島の森下暢仁投手が、さらなる飛躍を目指して2年目のシーズンに臨む。開幕投手、2年連続の2桁勝利、そして東京五輪…。2021年の抱負を聞いた。(川手寿志)

「直球のスピンが素晴らしい」「かわいい顔して、かっこいい」 監督・選手、森下を語る


 ◆目指す数字

 ―1年目はすばらしい成績でした。今季、果たしたい役割や目指す数字はありますか。

 同じような働きをして1年目より2年目の方がプラスになるようにしたい。今年も2桁勝って防御率も昨年に近い数字を残したい。先発ローテーションを守って規定投球回にいきたい。

 ―こだわりたい数字は何ですか。

 勝ち数です。勝つということは試合をつくっていますし、規定投球回にも近づくのかなと思う。1勝でも多くできればいい。自分が11勝できれば昨年を上回る成績を残せたと思います。

 ―そのために何をレベルアップしますか。

 直球、変化球、制球、勝負どころでの球。もう一つレベルアップしたい。今までやってきたことを継続して、何か一つプラスしてやっていきたい。新しい球種はそんなに考えていない。今投げている球をどうやってコントロールしていくか。精度を上げたい。

 ―「二年目のジンクス」に挑みます。

 今年、自分がしっかり結果を残すと、みなさんが思ってくださっていたら、自分も結果が出るようになると思う。プラスな考えで入っていきたい。

 ―新人王を取った野村祐輔、大瀬良大地両投手らからオフの過ごし方について聞きましたか。

 自分からしっかり聞いた。やらないといけないということはカープのみなさんが考えていると思う。自分自身も油断していられないなという気持ちです。

 ◆終盤の快投

 ―ピンチに強い投球が印象的でした。

 自分自身でも想像以上だった。ピンチになると思いっきり投げた。(ストライク)ゾーンに投げることをイメージして腕を振った。コースは気にしていない。強い球を投げるという意識だった。点を取られたくないし、しっかり守ってくれているので、自分の球をしっかり投げようと思った。

 ―シーズン終盤は特に快投の連続でした。良くなった点は何ですか。

 自分の中で指の掛かりや腕の振りの感覚をつかみました。

 ―一番成長したと思うことはありますか。

 自信を持ってカーブもチェンジアップも投げられるようになった。大学時代は緩い球を投げると打たれるという勝手なイメージがあった。緩い球を使えたというのは自信になった。

 ―きっかけは。
(ここまで 1012文字/記事全文 2403文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 10勝目
  • 初完封
  • 初白星
  • 入団会見
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 後半戦巻き返しへ「つなぐ攻撃」再構築 (7/23)

     広島は、約1カ月の中断期間で、つなぐ攻撃の再構築を図る。リーグ2位のチーム打率2割6分1厘をマークしながら、1試合平均得点はリーグ5位の3・6にとどまった攻撃の効率アップが焦点。河田ヘッドコーチは「...

  • 【きょうは何の日】1965年7月24日 (7/23)

     長谷川良平代理監督が初陣を飾った。大洋戦(広島)で足技を絡め、投手心理を揺さぶって大勝。白石勝巳監督の休養で、初めて投手出身の指揮官が采配を振るった。

  • 【球場でカープファン100人に聞きました】<その1>後半戦巻き返しのキーマンは誰? (7/23)

     前半戦の終盤を4連勝と勢いづいた状態で締めくくった広島東洋カープ。とはいえ、成績は30勝42敗10分けの5位と振るわなかった。クライマックスシリーズ(CS)への出場権を得られる3位とのゲーム差は11...

  • 大道、成長の夏に 先発に転向、安定感追求 (7/22)

     広島の大道が、「ゲームメーク」へのこだわりを持ってトレーニングを積んでいる。追い求めるのは投球の安定感。6月に中継ぎから先発に転向した新人右腕は「投手が崩れなければ(チームが)連勝もできる。ゲームの...

  • 2年目の左腕・玉村、紅白戦を前に意気込み (7/22)

     24日の紅白戦に登板予定の玉村昇悟は、投球の引き出しを増やすことをテーマに挙げた。「後半戦は初対戦じゃないチームが多い。自分を知られている中で、どういう投球ができるか」と話した。