カープ

【カープ70周年 70人の証言】<45>1994年 正田耕三さん(59)

2021/1/17 22:47
正田耕三さん

正田耕三さん

 ▽完全試合 いつもの槙原じゃなかった

 年に1度の福岡遠征。首位打者2度の「1番・二塁」は楽観的だった。1994年5月18日の福岡ドーム、発表された巨人の先発は槙原寛己。カープ打線はけがの前田智徳や江藤智、ブラウンを欠いてはいたが「自分の対戦成績は悪くない。2安打ぐらい打てると思った」。一回の初球を見送ってから2時間14分、平成で唯一となる完全試合の屈辱を味わう。
(ここまで 183文字/記事全文 1006文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 九回2死、御船が一邪飛に倒れ、槙原(手前)は完全試合を達成する。捕手村田真一(1994年5月18日)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

70周年 70人の証言の最新記事
一覧