カープ

【カープ70周年 70人の証言】<48>1997年 瀬戸輝信さん(51)

2021/1/20 22:47
瀬戸輝信さん

瀬戸輝信さん

 ▽勝負どころの配球、理屈より感覚も

 完封目前、138球目で初めてサインに首を振られた。「捕手だから、覚えているのは打たれたことばかり。抑えて記憶に残っているのは、この一球だけかもしれない」。1997年4月30日、ナゴヤドームでの中日戦。スコアは6―0。5番ゴメスを内野フライに仕留め、41歳8カ月の大野豊がリーグ最年長完封(当時)を遂げた。
(ここまで 171文字/記事全文 1020文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • リーグ最年長の41歳8カ月で完封した大野(左)と握手する瀬戸さん(1997年4月30日)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

70周年 70人の証言の最新記事
一覧