• トップ >
  • カープ >
  • 話題 >
  • 【カープの新星】<4>栗林良吏投手(24)ドラフト1位・トヨタ自動車 一球の重み知り社会人で成長

カープ

【カープの新星】<4>栗林良吏投手(24)ドラフト1位・トヨタ自動車 一球の重み知り社会人で成長

2021/1/21 22:40
「首脳陣やファンの信頼を得て、愛される選手になりたい」と抱負を口にする栗林(撮影・山崎亮)

「首脳陣やファンの信頼を得て、愛される選手になりたい」と抱負を口にする栗林(撮影・山崎亮)

 名城大時の指名漏れを経た社会人での2年間で、得たものは多かった。一番は野球に取り組む姿勢。「会社からお金をいただき、社員の方々に支えられていた。自分のためではなく、人のために野球をするのは社会人じゃないと経験できなかった」。感謝の思いは新生活の原動力となる。
(ここまで 130文字/記事全文 628文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧