カープ

カープ1軍キャンプイン 異例の無観客

2021/2/1 23:28
沖縄市でキャンプインし、外野を走る広島ナイン(撮影・山本誉)

沖縄市でキャンプインし、外野を走る広島ナイン(撮影・山本誉)

 広島東洋カープの1軍春季キャンプが1日、沖縄市のコザしんきんスタジアムで始まった。新型コロナウイルスウイルスの感染拡大を受け、無観客での実施。ファンの歓声が聞こえない異例のキャンプインとなった。

 午前10時、36選手がグラウンドに登場。鈴木誠也外野手が「一日一日を大切に取り組み、最後に笑って終われるように頑張ろう」と号令を掛け、練習を開始した。気温25度の暖かさの中、フリー打撃ではクロン内野手がライナー性の打球を連発。堂林翔太内野手らは午後5時まで居残り、打ち込んだ。投手では森下暢仁、栗林良吏両投手ら16人がブルペンに入り、力強い球を投げた。

 佐々岡真司監督は「みんな初日から動けていた。元気もあったし、声も出ていた」と充実感をにじませた。2軍は宮崎県日南市の天福球場でキャンプイン。ともに3月1日に打ち上げる。(八百村耕平) 


【PR】2020年のカープをまとめた決定版「2020カープ激闘録」好評発売中


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧