カープ

【カープ70周年 70人の証言】<63>2012年 鈴木将光さん(33)

2021/2/4 23:01
プロ7年目で初出場、初打席で初安打を放った鈴木さん(中)=2012年9月13日

プロ7年目で初出場、初打席で初安打を放った鈴木さん(中)=2012年9月13日

 ▽必死にバット振り 7年目の初安打

 入団7年目での初の1軍昇格は、広島のドラフト1位野手で最も遅い。待望の初出場は2012年9月13日の巨人戦(東京ドーム)。「7番・右翼」で先発し、初打席で初安打を放った。「下積みやけがの苦しさを知っている嶋(重宣)さんや栗原(健太)さんに『腐るな。バットを振ったもん勝ちだ。誰が見てるかわからんぞ』と言われてきた。必死に振ってきた結果です」

 マウンドには、11年から2年連続最多勝に輝く左腕の内海哲也。二回2死一塁、バットを折られながら右前へ運んだ。「何の印象もない打者ですからね。とりあえず自分の球を投げようかなという感じだったのかな。バットの先っぽで泥くさい当たり」。一塁の塁上で、傷だらけの日々を思い返した。
(ここまで 326文字/記事全文 1019文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 鈴木将光さん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

70周年 70人の証言の最新記事
一覧