カープ

沖縄キャンプのブルペン 若手捕手、成長の絶好機

2021/2/8 14:00

 広島の沖縄春季キャンプを視察している。捕手出身として、やはりブルペンが気になる。注目するのは投手の球筋だけではない。捕手にとってブルペンは最も練習になる場所であり、やらなければならないことがたくさんある。4年目の中村奨、2年目の石原ら若い捕手がどのような気持ちで球を受けているのか。それが気になった。
(ここまで 151文字/記事全文 1299文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • ブルペンで投手の球を受ける中村奨=手前(撮影・山本誉)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ

 あなたにおすすめの記事

石原慶幸 気配りのススメの最新記事
一覧

  • バッテリーの呼吸 要所での意思確認、大切 (4/26)

     捕手の仕事は多い。捕球の上達、リードの勉強は当然のこと。マウンドで投手が見せる小さなしぐさに目を配り、その局面で最善の球を投げさせる必要がある。今季、5年目となる坂倉は先発捕手として週に2度出場し、...

  • 沖縄キャンプのブルペン 若手捕手、成長の絶好機 (2/8)

     広島の沖縄春季キャンプを視察している。捕手出身として、やはりブルペンが気になる。注目するのは投手の球筋だけではない。捕手にとってブルペンは最も練習になる場所であり、やらなければならないことがたくさん...