カープ

ドラ3大道、期待大の2奪三振 指揮官は中継ぎ起用示唆

2021/2/8 21:15
シート打撃で好投し、首脳陣の評価を高めた大道(撮影・山本誉)

シート打撃で好投し、首脳陣の評価を高めた大道(撮影・山本誉)

 新戦力右腕への期待感が膨らんだ。ドラフト3位の大道が初の実戦形式のマウンドとなるシート打撃に登板。打者5人と対戦し1安打に抑え、2三振を奪った。「アピールする場なので腕を振っていかないと話にならない」。気迫あふれる投球で周囲の注目を集めた。
(ここまで 121文字/記事全文 501文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 大瀬良、2軍で先発復帰 (5/11)

     【ウエスタン・広島―中日】(11日・由宇) 右ふくらはぎを痛め、リハビリを続けていた広島東洋カープの大瀬良大地が、ウエスタン・リーグの中日戦に先発した。 4月15日の阪神戦(甲子園)前の練習で、ダッ...

  • 得点力アップ、鍵は4・5番 ここ9試合打率.149、わずか2打点 (5/10)

     得点力不足が深刻な広島打線は、4番打者と5番打者が脱却に向けた鍵になる。6連敗が始まった4月28日以降の9試合で、4、5番は合わせて打率1割4分9厘(67打数10安打)で2打点。期間中の1試合平均得...

  • 森下、4勝目へ調整 12日ヤクルト戦に先発予定 (5/10)

     12日のヤクルト戦(神宮)に先発予定の森下が、チーム状況を好転させる投球を誓う。「何かのきっかけで変わることは絶対ある。そのきっかけになりたい。自分がテンポ良く投げていけば、打者のリズムも変わってく...

  • 【きょうは何の日】2018年5月11日 (5/10)

     石原慶幸が史上最年長の38歳8カ月で通算1000安打を達成した。阪神戦(マツダ)でシーズン1号アーチを含む3安打。292人目、広島の捕手では初の大台だった。

  • 【きょうは何の日】1967年5月10日 (5/9)

     鵜狩道旺がウエスタン・リーグ初の完全試合を達成した。30歳が近鉄戦(広島)で円熟の99球。三振6、内野ゴロ11、内外野フライ10で27個のアウトを積み上げた。