カープ

森下、走者背負っての投球を重視

2021/3/15 17:54
16日の西武戦に向けて調整する森下

16日の西武戦に向けて調整する森下

 16日の西武戦(メットライフドーム)に先発する森下が、走者を背負ってからの投球をテーマに掲げる。7日のヤクルト戦は4回無安打、無失点の快投でピンチはなし。「いい打者が多いので全球種をしっかり投げ切りたい」と意気込んだ。
(ここまで 108文字/記事全文 222文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 【きょうは何の日】1991年4月18日 (4/17)

     小早川毅彦が球団4500号アーチを放った。阪神戦(広島)の五回、突き放す中越えソロ。「内角速球に詰まり、逆風でもあったのでまさか…」と本人が驚く一発だった。

  • 高橋昂、966日ぶり1軍マウンド 18日、予告先発 (4/17)

     広島の高橋昂が、左肘の手術や春季キャンプ中の負傷を乗り越え、966日ぶりに1軍のマウンドに立つ。18日の中日戦(バンテリンドームナゴヤ)に予告先発する。「うれしいです。気負わずに、2軍でやってきたこ...

  • 右腓腹筋挫傷、大瀬良を抹消 復帰時期は未定 (4/17)

     広島は16日、大瀬良大地投手(29)の出場選手登録を抹消した。この日、広島市内の病院で「右腓腹筋(ひふくきん)挫傷」と診断された。復帰時期は未定。

  • 大道、開幕から無失点投球 プロ初の「回またぎ」も (4/16)

     【中日―広島】(16日、バンテリンドームナゴヤ) 広島東洋カープの大道温貴が、プロ初の「回またぎ」を無失点で切り抜けた。 5―3の六回に今季6試合目のマウンドへ。先頭からの2連打で無死一、二塁として...

  • 開幕3連勝中の九里「チーム引っ張る」 17日予告先発 (4/16)

     広島の九里が17日の中日戦(バンテリンドームナゴヤ)で予告先発する。現在、開幕から3連勝中。「積極的に(打ちに)くる打者が多いですし、一つ一つアウトを取れるように、勝負していけたら」と力を込める。