カープ

森下と世羅高に広島スポーツ賞

2021/3/22 19:59

 中国新聞社など新聞、通信、放送22社が加盟する広島運動記者クラブは22日、2020年に優秀な成績を挙げた広島県内の選手やチームに贈る「広島スポーツ賞」を選定した。
(ここまで 82文字/記事全文 246文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 大道、開幕から無失点投球 プロ初の「回またぎ」も (4/16)

     【中日―広島】(16日、バンテリンドームナゴヤ) 広島東洋カープの大道温貴が、プロ初の「回またぎ」を無失点で切り抜けた。 5―3の六回に今季6試合目のマウンドへ。先頭からの2連打で無死一、二塁として...

  • 開幕3連勝中の九里「チーム引っ張る」 17日予告先発 (4/16)

     広島の九里が17日の中日戦(バンテリンドームナゴヤ)で予告先発する。現在、開幕から3連勝中。「積極的に(打ちに)くる打者が多いですし、一つ一つアウトを取れるように、勝負していけたら」と力を込める。

  • 菊池、通算100号は今季2本目の先頭打者  (4/16)

    【中日―広島】(16日、バンテリンドームナゴヤ) 広島東洋カープが一回に6日ぶりの得点を刻み、連続イニング無得点を「31」で止めた。 前日に開幕からの連続試合安打が「16」で止まった菊池涼介が、チーム...

  • 中村奨が1軍に合流、中日戦スタメンの可能性 (4/16)

     広島東洋カープの中村奨成捕手(21)が16日、1軍に合流した。中日戦(バンテリンドームナゴヤ)前の練習では、打撃ローテーションの最初の組に入って打ち込んだ。外野でプロ初となるスタメン出場の可能性があ...

  • 【きょうは何の日】1986年4月17日 (4/16)

     新人の長冨浩志が6者連続を含む14奪三振で初勝利に花を添えた。ヤクルト戦(神宮)で三回から救援。剛速球を軸に九回まで投げ切り、新人王への第一歩を踏み出す。