カープ

戦力分析 かみ合えばV争い可能

2021/3/24 23:40

 26日に開幕するペナントレースで、広島の奮起に期待している。目標はまずAクラス入りし、クライマックスシリーズ(CS)の出場権を得ることだ。現状では阪神と巨人が強い。長いシーズンを戦いながら、投手と野手の歯車がかみ合ってくれば、優勝争いもできると思う。
(ここまで 126文字/記事全文 1174文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

山崎隆造のワイドアングルの最新記事
一覧

  • コロナ禍のカープ 若手奮起、主力に刺激を (5/24)

     広島が新型コロナウイルス禍に見舞われている。遠征先での外出禁止など対策を講じていたと聞くだけに、あらためて感染の怖さを感じる。試合日程がどうなるか分からないが、選手にとってコンディションの維持は簡単...

  • 戦力分析 かみ合えばV争い可能 (3/24)

     26日に開幕するペナントレースで、広島の奮起に期待している。目標はまずAクラス入りし、クライマックスシリーズ(CS)の出場権を得ることだ。現状では阪神と巨人が強い。長いシーズンを戦いながら、投手と野...

  • 佐々岡カープ1年目 弱点の救援陣に厚みを (11/15)

     佐々岡監督に期待していた。なぜなら、野手出身者にはない投手の力量、適性を見極める眼力があるはずだからだ。チーム防御率はリーグ5位の4・06。野手陣にもけが人など誤算が続き、就任1年目の挑戦は5位に終...

  • ミス目立ったコイ 高い意識持ちプレーを (10/19)

     シーズンは残り18試合で最終盤を迎える。この1週間の広島の戦いを見ると、ミスが目立った。野球はミスがつきものの競技である。ただ結果は別として、どんな意識でプレーしていたのか。そこを問いたい。

  • 打線のつながり 菊池と西川が今後の鍵 (8/24)

     リーグトップのチーム打率2割6分9厘の広島打線はよく打つが、なかなか順位に直結しない。つながりに欠ける攻撃が散見される。3連勝した21〜23日の巨人戦を見て、結果を出した菊池と西川が今後のキーマンに...