カープ

46年ぶり赤字 20年決算、コロナで観客激減

2021/3/25 6:51

 広島東洋カープは24日、広島市内のホテルで株主総会を開き、2020年の決算を承認した。新型コロナウイルス感染拡大で公式戦の入場者数が制限された影響などで、売上高は前年比83億4489万円減の85億5735万円。2年連続の減収で9年ぶりに100億円を下回った。当期損失は29億3487万円で、1974年以来46年ぶりの赤字となった。

 入場料収入は41億3500万円減の16億6千万円だった。120試合制に変更され、本拠地マツダスタジアムでの公式戦が前年の71試合から60試合に減少。さらに無観客が4試合、上限5千人が32試合、上限定員の50%に当たる1万6500人が24試合となり、入場者数は前年の222万3619人から53万7857人となった。

 グッズ収入は22億8800万円減の13億5600万円。消毒やPCR検査などコロナ対策で約1億円を投じた。

 資本金を3億2400万円から5千万円に減資。税法上では中小企業の扱いとなり、税の優遇措置を受けられるようになった。

 昨季の入場者は12球団で最多だった。今季は上限定員の50%で開幕を迎え、入場券は既に完売。松田元オーナーは「(入場制限で)入場券が売れなかったが、熱心なファンに支えてもらった。今年はいろんな工夫をして黒字を出したい」と話した。(川手寿志) 


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 1軍昇格の小園、期待に応え見事に適時打 (4/22)

    【広島―ヤクルト】(22日、マツダ) 広島東洋カープの小園海斗がいきなり仕事をした。1軍に昇格したこの日、不振の田中広輔に代わって「8番・遊撃」でスタメン出場。0―1の二回2死一、二塁の好機で一、二塁...

  • 九里、23日巨人戦で先発 「恐れず勝負」 (4/22)

     広島の九里が、23日の巨人戦(東京ドーム)に予告先発する。「本塁打が出る球場だと思うが、恐れずに(ストライク)ゾーンの中で勝負して最少失点で抑えていきたい」と意気込んだ。

  • 小園が先発 8番・遊撃で今季初出場 (4/22)

     広島東洋カープの3年目小園海斗が、22日のヤクルト戦(マツダ)で「8番・遊撃」で今季初出場する。 この日に出場選手登録された。1軍では昨年10月15日の巨人戦以来の出場となる。 正遊撃手の田中広輔が...

  • 【きょうは何の日】1975年4月23日 (4/22)

     交通事故で大けがを負った金城基泰が半年ぶりに退院した。74年に20勝で最多勝、秋に大分県内で自動車事故。失明の危機を乗り越え、秋に球団初の胴上げ投手となる。

  • 小園が今季初の1軍登録 22日先発見込み (4/22)

     広島東洋カープの小園海斗内野手が22日、今季初めて出場選手登録された。ヤクルト戦(マツダ)に先発出場する見込み。 試合前練習では遊撃の守備や走塁練習をこなした。フリー打撃ではローテーションの2組目に...