カープ

間を空けて「コイの春」 地元で開幕戦、白星飾れず

2021/3/26 23:20
席の間隔を空けて、開幕戦を見守るファン(撮影・山本誉)

席の間隔を空けて、開幕戦を見守るファン(撮影・山本誉)

 プロ野球のセ・パ両リーグが26日に開幕し、各地で6試合があった。3年ぶりのリーグ制覇を目指す広島東洋カープは、広島市南区のマツダスタジアムで中日と対戦。6―7で逆転負けし、4年ぶりの黒星発進となった。
(ここまで 101文字/記事全文 351文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 【きょうは何の日】1993年4月20日 (4/19)

     呉で初めてナイターが開催された。二河球場が改修され、照明灯6基を新設。36年ぶりの公式戦はブラウンの逆転2ランなどで10得点、猛攻に1万5000人が酔いしれた。

  • 【きょうは何の日】1987年4月19日 (4/18)

     40歳3カ月の衣笠祥雄が球団最年長の満塁アーチを放った。後楽園の巨人戦、一回1死満塁で槙原寛己から左越え。通算7本目の満塁本塁打は、巨人戦100号だった。

  • クロン復帰 いきなり適時打 (4/18)

    【中日―広島】(18日、バンテリンドームナゴヤ) 広島のクロンが故障からの復帰第1打席で、いきなり右越え適時打を放った。「7番・一塁」で出場。0―0の二回2死二塁、左腕小笠原の143キロを右翼フェンス...

  • クロンが1軍に合流 メヒアが2軍へ (4/18)

     広島東洋カープのケビン・クロン内野手が18日、出場選手登録された。1軍に合流し、中日戦(バンテリンドームナゴヤ)前の練習に姿を見せた。 3日のDeNA戦(横浜)で上半身を痛めて途中交代し、5日に出場...

  • 【きょうは何の日】1991年4月18日 (4/17)

     小早川毅彦が球団4500号アーチを放った。阪神戦(広島)の五回、突き放す中越えソロ。「内角速球に詰まり、逆風でもあったのでまさか…」と本人が驚く一発だった。