カープ

マツスタで2軍戦、観客入れては2年ぶり

2021/4/2 13:39
大勢のファンが詰めかけたマツダスタジアム

大勢のファンが詰めかけたマツダスタジアム

 広島東洋カープは2日、広島市南区のマツダスタジアムでウエスタン・リーグの阪神戦を開催した。1軍の本拠地で観客を入れた2軍戦は2019年6月29日以来。

 午前11時に開門すると、ユニホームや帽子を身に付けたファンが、バックネット裏を中心に間隔を空けて座った。2軍本拠地の岩国市の由宇球場では無観客試合が続いているため、若手のプレーを見られる数少ない機会となる。

 試合開始は午後0時半。先発投手は広島が4年目右腕の遠藤、阪神は広島・阿品台中出身の2年目、西純矢。「4番・右翼」でスタメンに入る正随は「ここまで打撃の内容は充実している。チャンスで強さを見せたい」と話していた。3日もマツダスタジアムで阪神戦が予定されている。


この記事の写真

  • マツダスタジアムで2年ぶりに開催されるウエスタン・リーグの試合開始を待つファン

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

ファーム情報の最新記事
一覧