カープ

4月3日DeNA戦 松山タイムリー七回に貴重な追加点

2021/4/3 23:01

 3点差に詰め寄られた直後の七回、打線が貴重な1点をもぎ取った。菊池が左中間二塁打を放つと、西川が二ゴロを放って走者を三塁へ。鈴木は三振に倒れたが、松山が中前へ運んだ。佐々岡監督は「(鈴木)誠也がかえせなかったところで松山がカバーした。去年の反省を生かし、しっかり点に結び付いた」と喜んだ。
(ここまで 145文字/記事全文 222文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧