カープ

クロン、先発から外れる 一塁に堂林、三塁は安部

2021/4/4 13:31
打撃練習を回避したが、ケージの外でタイミングを取るクロン(左)

打撃練習を回避したが、ケージの外でタイミングを取るクロン(左)

【DeNA―広島】(4日、横浜)

 広島東洋カープのクロンが、4日のDeNA戦で今季初めて先発から外れた。一塁に堂林翔太、三塁に安部友裕が入る。

 クロンは3日のDeNA戦の二回に空振り三振した際、脇腹付近に手をやって顔をしかめる場面があった。五回にも空振り三振を喫した後、「守備固め」(佐々岡真司監督)としてベンチに下がっていた。

 この日は練習前のアップに参加した後、打撃練習や守備練習は行わなかった。ベンチ入りメンバーには名を連ねた。

【デジタルアルバム】熱闘カープ 内野手・外野手編


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧