カープ

4月8日ヤクルト戦 松山が負傷交代

2021/4/8 23:52
五回、ヤクルト1死一、二塁、山崎の打球を処理した際、右足を痛めベンチに引き上げる松山(中)

五回、ヤクルト1死一、二塁、山崎の打球を処理した際、右足を痛めベンチに引き上げる松山(中)

 広島の松山竜平外野手(35)が、8日のヤクルト戦(神宮)で負傷交代した。五回の左翼守備でライナー性の打球の判断を誤り、ジャンプして捕球を試みた際に痛めたとみられる。トレーナーに付き添われて歩いてベンチに戻り、そのまま交代となった。蔦木トレーナーは「下半身のコンディショニング不良。(今後は)明日以降の状態を見て判断する」と説明した。
(ここまで 167文字/記事全文 167文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧