カープ

坂倉、大盛が好プレー 投手陣もり立て

2021/4/9 21:02
【広島―巨人】八回、巨人無死一塁、大城の打球を好捕した大盛(右)

【広島―巨人】八回、巨人無死一塁、大城の打球を好捕した大盛(右)

 【広島―巨人】(9日、マツダ)

 2―0で終盤を迎えた広島東洋カープは、守備陣が必死のプレーを続けた。

 七回は2死満塁から初めて一塁に入った坂倉将吾が見せた。遊ゴロを処理した田中広輔の送球が難しいバウンドとなったものの、すくいあげるように捕球。アウトをもぎ取って失点を許さなかった。

 八回はこの回から中堅の守備に入った大盛穂が飛んだ。無死一塁から大城が放ったやや左中間方向へのライナーを、華麗にジャンピングキャッチ。守乱で敗れた前夜から一転、好守で投手陣をもり立てた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 【きょうは何の日】1970年5月12日 (5/11)

     安仁屋宗八が球団初の毎回奪三振で完投した。大洋戦(広島)で直球を軸に13奪三振。「シュートがよかった」と内角攻めで要所をしのぎ、大洋の9連勝を阻んだ。

  • 大瀬良5回3失点、2軍で1カ月ぶり実戦登板 (5/11)

     右ふくらはぎを痛めていた広島の大瀬良が11日、ウエスタン・リーグの中日戦(由宇)で約1カ月ぶりに実戦登板し、5回3失点だった。75球を投げ、6安打、3三振、無四球だった。 三回までは、コースを突く直...

  • 大瀬良、2軍で先発復帰 (5/11)

     【ウエスタン・広島―中日】(11日・由宇) 右ふくらはぎを痛め、リハビリを続けていた広島東洋カープの大瀬良大地が、ウエスタン・リーグの中日戦に先発した。 4月15日の阪神戦(甲子園)前の練習で、ダッ...

  • 得点力アップ、鍵は4・5番 ここ9試合打率.149、わずか2打点 (5/10)

     得点力不足が深刻な広島打線は、4番打者と5番打者が脱却に向けた鍵になる。6連敗が始まった4月28日以降の9試合で、4、5番は合わせて打率1割4分9厘(67打数10安打)で2打点。期間中の1試合平均得...

  • 森下、4勝目へ調整 12日ヤクルト戦に先発予定 (5/10)

     12日のヤクルト戦(神宮)に先発予定の森下が、チーム状況を好転させる投球を誓う。「何かのきっかけで変わることは絶対ある。そのきっかけになりたい。自分がテンポ良く投げていけば、打者のリズムも変わってく...