カープ

床田、打撃では投手陣トップ

2021/4/13 8:33

 床田が投手陣の先頭を快走している。といっても、投げる方ではない。ここまで2安打1打点の「9番目の打者」としてだ。「投手陣の中で一番ヒットを打ちたい」と腕をぶす。

 「打撃はめちゃくちゃ好き」と笑う。2019年には死球を当てた丸(巨人)に後日謝罪した際、バットをプレゼントしてもらった。「あわよくばもらえないかなあと思っていたら、持ってきてもらえた」と大喜びしていた。

 今季は3月31日の阪神戦(マツダ)で適時二塁打をマーク。7日のヤクルト戦(神宮)でも1安打を放った。「毎試合1本打ちたい。ヒットを打てれば気分よくマウンドに行ける」。次回登板でもノルマを達成し、本職でも今季2勝目といきたい。(友岡真彦)


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

赤ヘル24時の最新記事
一覧

  • 目立ちたがり屋の矢野、今は地道に (5/14)

     新人の矢野は、とにかく目立ちたがり屋だ。春季キャンプでは率先して一発芸を披露し、3月には突然、髪形をパンチパーマにした。マツダスタジアムでの新入団選手紹介では、両腕で輪をつくりジャンプするポーズを見...

  • 母の日も新打線は「産みの苦しみ」 (5/12)

     9日は「ありがとう」を伝える日だった。プロ野球12球団による企画「NPBマザーズデー2021」と銘打って全6試合を開催。年に一度の母の日に、広島の選手もピンクに染まった。 バンテリンドームナゴヤでの...

  • 自信を付けた羽月、チームで大きな存在に (5/8)

     1年前の春の由宇球場。外周を1人で走る羽月の姿があった。死球を受けて鼻を骨折。2週間ほど練習に参加できず、遅れを取り戻そうと必死だった。「小柄な自分はただでさえ、他の人よりも練習しなきゃいけないのに...

  • 14年目でたどり着いた千試合 松山の挑戦は続く (4/27)

     記録ラッシュの東京遠征だった。高橋昂は1031日ぶりの勝利を挙げ、鈴木は球団歴代2位の若さ(26歳8カ月)で通算150本塁打を達成した。その華々しさに隠れがちではあるが、松山の千試合出場も立派な数字...

  • コルニエル、なるか「球速160キロ」 (4/23)

     1万3千キロ以上離れた国からやってきた右腕は今、チームで最も「大台」に近い男である。「状況次第だけど、いきたい」。そう言ってにやりと笑うのは、ドミニカ共和国カープアカデミー出身のコルニエルだ。 大台...