カープ

【きょうは何の日】1950年4月21日

2021/4/20 15:44

 18歳0カ月の紺田周三が球団最年少安打をマークした。六回に中堅で途中出場し、二塁打を放った。5月までに本塁打や盗塁をマーク、数々の最年少記録は現在も残る。
(ここまで 76文字/記事全文 76文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 【きょうは何の日】2018年5月11日 (5/10)

     石原慶幸が史上最年長の38歳8カ月で通算1000安打を達成した。阪神戦(マツダ)でシーズン1号アーチを含む3安打。292人目、広島の捕手では初の大台だった。

  • 【きょうは何の日】1967年5月10日 (5/9)

     鵜狩道旺がウエスタン・リーグ初の完全試合を達成した。30歳が近鉄戦(広島)で円熟の99球。三振6、内野ゴロ11、内外野フライ10で27個のアウトを積み上げた。

  • 2年目左腕の玉村、プロ初安打 塁上でにっこり (5/9)

    【中日―広島】(9日、バンテリンドーム) 広島東洋カープの2年目左腕、玉村昇悟がプロ初安打を放った。 二回2死、1ストライクから柳が投じた外角の直球を逆らわずに流し打ち。三遊間を破る左前打は通算2打席...

  • 磯村が出場登録、中村奨が抹消 (5/9)

     広島東洋カープの磯村嘉孝が9日、出場選手登録された。バンテリンドームナゴヤでの中日戦の試合前練習に参加。捕手や一塁での守備練習などで汗を流した。 磯村は4月29日に再調整のため抹消されていた。ウエス...

  • リーグ打率トップの菊池、意地の勝ち越し打 (5/8)

    【中日―広島】(8日、バンテリンドーム) 広島東洋カープの菊池涼介が、意地の勝ち越し打を放った。 2―2の七回1死二塁、福谷が投じたツーシームを強振。鋭いゴロは左翼線を破る適時二塁打となった。代わった...