カープ

松山、1000試合出場まであと「1」 23日にも達成

2021/4/23 16:56
1000試合出場まであと1に迫る松山

1000試合出場まであと1に迫る松山

 広島東洋カープの松山竜平が、節目の数字まであと1に迫っている。14年目の35歳はここまで999試合に出場。早ければ23日の巨人戦(東京ドーム)で記録達成となる。

 松山は2008年に九州国際大から入団。持ち前の打撃センスで徐々に頭角を現し、15年からは毎年100試合以上に出場。17年には自己最多の77打点を挙げるなどリーグ優勝に貢献した。

 今季は開幕から主に「5番・左翼」を務めたが、8日のヤクルト戦(神宮)で下半身のコンディション不良を発症。打撃の状態も上向きだっただけに、悔しい一時離脱となった。

 復帰後は代打で出場を重ね、22日のヤクルト戦(マツダ)では六回1死二塁で打席へ。鋭いライナー性の打球を放ったものの、相手中堅手に好捕された。23日は先発出場が濃厚。通算千試合出場は、自身の快打とチームの勝利で祝いたい。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 【きょうは何の日】2018年5月11日 (5/10)

     石原慶幸が史上最年長の38歳8カ月で通算1000安打を達成した。阪神戦(マツダ)でシーズン1号アーチを含む3安打。292人目、広島の捕手では初の大台だった。

  • 【きょうは何の日】1967年5月10日 (5/9)

     鵜狩道旺がウエスタン・リーグ初の完全試合を達成した。30歳が近鉄戦(広島)で円熟の99球。三振6、内野ゴロ11、内外野フライ10で27個のアウトを積み上げた。

  • 2年目左腕の玉村、プロ初安打 塁上でにっこり (5/9)

    【中日―広島】(9日、バンテリンドーム) 広島東洋カープの2年目左腕、玉村昇悟がプロ初安打を放った。 二回2死、1ストライクから柳が投じた外角の直球を逆らわずに流し打ち。三遊間を破る左前打は通算2打席...

  • 磯村が出場登録、中村奨が抹消 (5/9)

     広島東洋カープの磯村嘉孝が9日、出場選手登録された。バンテリンドームナゴヤでの中日戦の試合前練習に参加。捕手や一塁での守備練習などで汗を流した。 磯村は4月29日に再調整のため抹消されていた。ウエス...

  • リーグ打率トップの菊池、意地の勝ち越し打 (5/8)

    【中日―広島】(8日、バンテリンドーム) 広島東洋カープの菊池涼介が、意地の勝ち越し打を放った。 2―2の七回1死二塁、福谷が投じたツーシームを強振。鋭いゴロは左翼線を破る適時二塁打となった。代わった...