カープ

タイムリー欠乏症の打線 鍵はつなぐ意識

2021/5/6 18:23
最近7試合の得点圏での成績が4打数無安打の松山(5日の巨人戦)

最近7試合の得点圏での成績が4打数無安打の松山(5日の巨人戦)

 広島の打線がタイムリー欠乏症に陥っている。1分けを挟んで6連敗中の7試合は1試合平均1・86得点。得点圏打率は1割5分4厘と振るわない。朝山打撃コーチは「なかなかつながりを欠いて点が入らない状況が続いている」と悩みが深い。
(ここまで 110文字/記事全文 509文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • コルニエル、プロ最速「165キロ」 大谷翔平に並ぶ (6/20)

    【DeNA―広島】(20日、東京ドーム) 広島東洋カープのコルニエルが、驚きの1球を投じた。五回2死一、二塁で大和に投じた3球目。空振り三振を奪った高めの直球は「165キロ」と表示され、球場がどよめい...

  • 大道、無念の四回途中降板 8失点 (6/20)

    【DeNA―広島】(20日、東京ドーム) 広島東洋カープの大道温貴は四回途中8失点で降板となった。 二回までは1人の走者も出さない完璧な投球。三回に先頭打者に四球を与えると、2死三塁から適時内野安打を...

  • 2年目の石原がプロ初本塁打 「とにかく塁に出ようと…」 (6/20)

    【DeNA―広島】(20日、東京ドーム) 広島東洋カープの石原貴規が、プロ初本塁打を放った。 0―8の五回、左腕坂本の6球目を振り抜いた。打球は右翼席にスタンドイン。「とにかく塁に出ようと打席に入った...

  • 【きょうは何の日】2003年6月21日 (6/20)

     前後期制が導入されたウエスタン・リーグで前期優勝した。由宇球場の近鉄戦で倉義和が決勝3ラン。秋に後期優勝した阪神とのプレーオフに敗れ、リーグ制覇は逃す。

  • 中村奨、7番左翼で先発 「チャンスものにしたい」 (6/20)

    【DeNA―広島】(20日、東京ドーム) 広島東洋カープの中村奨成が、「7番・左翼」で先発出場する。前日には代打で登場してプロ初本塁打をマークした。勢いのある若手を起用し、チームは今季初の同一カード3...