カープ

大瀬良5回3失点、2軍で1カ月ぶり実戦登板

2021/5/11 14:33
大瀬良

大瀬良

 右ふくらはぎを痛めていた広島の大瀬良が11日、ウエスタン・リーグの中日戦(由宇)で約1カ月ぶりに実戦登板し、5回3失点だった。75球を投げ、6安打、3三振、無四球だった。

 三回までは、コースを突く直球にフォークやカットボールを交えて完璧に抑えた。打者2巡目となる1―0の四回に捕まった。先頭からの3連打で満塁とされ、1死後、平田の二ゴロの間に1失点。続く堂上に左前適時打を打たれ、逆転を許した。五回には、郡司に浮き球をソロにされた。裏の攻撃で代打を送られ、降板した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 先発投手の出来が巻き返しへの鍵 (6/21)

     5位の広島は、先発投手の出来が勝敗に大きく関わっている。指標の一つとなるのが、6回以上投げて自責点3以下に抑えるクオリティースタート(QS)。達成時は15勝9敗6分けの勝率6割2分5厘だが、未達成時...

  • 高橋昂、先発登板近し 「必死に頑張る」 (6/21)

     高橋昂が21日、マツダスタジアムであった先発投手陣の練習に合流した。近日中の先発登板が予想され、「1試合1試合、必死に頑張っていくしかない」と決意を込めた。

  • 堂林、登録抹消 今季打率1割8分4厘、本塁打ゼロ (6/21)

     広島東洋カープの堂林翔太が21日、出場選手登録を抹消された。 昨季はシーズンを通して1軍で活躍し、打率2割7分9厘、14本塁打とブレークした。さらなる飛躍が期待された今季は開幕を「7番・三塁」で迎え...

  • 【きょうは何の日】1994年6月22日 (6/21)

     佐々岡真司が危険投球の新リーグ規定で球団初の退場処分を受けた。東京ドームの巨人戦、1―0の二回にコトーへ頭部死球。カーブのすっぽ抜けでも適用対象となった。

  • 集団感染は一つの感染源から 変異株、感染源は不明 コロナ対策連絡会議で報告 (6/21)

     プロ野球とJリーグが連携して設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」が21日、オンラインで開かれ、5月下旬の広島東洋カープの集団感染について報告された。陽性者の検体をゲノム解析した結果、全て同一の...