カープ

西川、意地の八回適時打でドロー 栗林は17試合連続無失点

2021/5/16 18:10
八回、広島2死一、二塁、西川が左前適時打を放つ。投手山崎

八回、広島2死一、二塁、西川が左前適時打を放つ。投手山崎

 広島の西川が16日のDeNA戦(マツダ)で意地を見せた。

 まずは1―0の四回1死二塁で、5月初打点となる適時打を左前に運んだ。2―3と逆転されて迎えた八回は2死一、二塁で打席へ。またも左前に適時打を放ち、試合を3―3の引き分けに持ち込んだ。

 投手陣は床田が5回で10安打を浴びながらも無失点。七回にコルニエルがソトに逆転3ランを浴びたが、八回を塹江、九回を栗林が無失点に抑えた。栗林はアウトを全て三振で奪い、デビューからの連続試合無失点を17に伸ばした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧