カープ

21〜23日の阪神3連戦中止 カープ選手ら10人コロナ感染

2021/5/21 18:37
「試合中止」を告げる貼り紙(21日午後2時35分、マツダスタジアム、撮影・藤井康正)

「試合中止」を告げる貼り紙(21日午後2時35分、マツダスタジアム、撮影・藤井康正)

 広島東洋カープは21日、選手とコーチ、スタッフの計10人が新型コロナウイルスに感染したことを受け、21〜23日にマツダスタジアム(広島市南区)で予定していた阪神3連戦の中止を決めた。代替日はあらためて決める。

 広島では17日に菊池涼介選手が発熱を訴えてPCR検査を受け、感染が判明。小園海斗、正随優弥の両選手も陽性となった。18、19日の巨人戦(東京ドーム)は球団が独自に濃厚接触者と判断した5選手の登録を抹消し、2軍と大幅にメンバーを入れ替えて臨んだ。

 20日に広島で1、2軍の首脳陣と選手、スタッフら計146人がPCR検査を受けた結果、鈴木誠也、石原貴規、羽月隆太郎、長野久義、大盛穂の5選手、朝山東洋打撃コーチとスタッフの計7人が陽性判定を受けた。 
 


この記事の写真

  • 払い戻しを受ける人たち(21日午後1時50分、マツダスタジアム、撮影・藤井康正)
  • 試合中止が決まりテントなどを撤収する人たち(21日午後1時29分、マツダスタジアム、撮影・藤井康正)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 野間、五回の守備から退く 直前の打席で顔しかめる (9/19)

     【ヤクルト―広島】(19日、神宮) 広島東洋カープの野間峻祥が五回の守備から退いた。五回の第3打席の5球目にファウルを打った際に顔をしかめた。ベンチから松原慶直1軍チーフトレーナーが駆け付け、1度ベ...

  • 森下20日神宮で先発、6試合ぶり勝利へ (9/19)

     広島の森下が、相性のいい神宮球場で6試合ぶりの勝利を目指す。20日のヤクルト戦(神宮)に中5日で予告先発。「とにかく頑張ります。それしかないです」と表情を引き締めた。

  • 【きょうは何の日】1981年9月20日 (9/19)

     山本浩二が5年連続の40号本塁打を放った。ヤクルト戦(広島)の五回に鈴木康二朗から左越え2ラン。王貞治(巨人)の8年連続に次ぐ、史上2人目の大記録だった。

  • スコット帰国へ 今季1軍登板なし (9/19)

     広島は18日、テイラー・スコット投手(29)が20日に米国に帰国すると発表した。来日2年目の今季は、後半戦が始まる前に先発6番手候補に名前が挙がったが、1軍登板はなかった。佐々岡監督は「いろんな事情...

  • 高橋昂19日ヤクルト戦先発「一回から全力」 (9/18)

     広島の高橋昂が19日のヤクルト戦(神宮)に予告先発する。今季、ヤクルト戦では1勝1敗で防御率2・25。立ち上がりの投球でチームを勢い付けることを意識し、「一回から全力で行きたい。一つ一つ立ち上がりか...