カープ

倉コーチも陽性、新型コロナ 合計11人に

2021/5/21 19:37
倉義和1軍バッテリーコーチ

倉義和1軍バッテリーコーチ

 広島東洋カープは21日、新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査を1軍の首脳陣、選手、スタッフの計76人を対象に実施し、倉義和1軍バッテリーコーチが新たに陽性と判定されたと発表した。これでチーム内の陽性判定者は11人となった。

 広島では17日に菊池涼介、小園海斗、正随優弥の3選手が陽性判定を受けた。20日には石原貴規、羽月隆太郎、鈴木誠也、長野久義、大盛穂の5選手のほか、朝山東洋1軍打撃コーチとチームスタッフの感染も判明。21日からの阪神3連戦(マツダ)は中止となった。 


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧