• トップ >
  • カープ >
  • 話題 >
  • 森下・高橋昂投手が濃厚接触、ともに無症状 関係者140人は陰性

カープ

森下・高橋昂投手が濃厚接触、ともに無症状 関係者140人は陰性

2021/5/22 23:03
マツダスタジアム

マツダスタジアム

 広島東洋カープは22日、森下暢仁(23)、高橋昂也(22)の2選手が、チーム内の新型コロナウイルス陽性者の濃厚接触者と管轄保健所から判定されたと発表した。ともに無症状で体調に異常はないという。同日、1、2軍の首脳陣や選手、スタッフの計140人は新型コロナの感染を調べるPCR検査を受け、森下ら2選手を含む全員が陰性と判定された。

 広島では21日までに、菊池涼介(31)、鈴木誠也(26)ら8選手とコーチ2人、スタッフ1人の計11人が陽性と判定された。感染拡大を防ぐために、21〜23日に広島市南区のマツダスタジアムで予定されていた阪神3連戦を中止にした。23日もPCR検査を実施し、25日からの西武戦(マツダ)を実施するかを判断する。(川手寿志) 


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧