カープ

コロナ禍のカープ8日ぶり公式戦、先制許し苦しいスタート

2021/5/27 19:21
【広島―西武】一回、西武1死二、三塁、左翼の中村奨が呉念庭の飛球を落球し、適時失策となる

【広島―西武】一回、西武1死二、三塁、左翼の中村奨が呉念庭の飛球を落球し、適時失策となる

【広島―西武】(27日、マツダ)

 新型コロナウイルス禍に見舞われた広島東洋カープは、19日の巨人戦以来の公式戦となる西武戦に臨んだ。先発の床田寛樹が一回から乱調。2四球などで満塁とされると、山川に先制二塁打を許した。続く呉念庭の左飛を、左翼で先発した中村奨成がグラブに当てながら、落球。3点を先制され、苦しいスタートとなった。 


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧