カープ

中村奨が同点の口火切る中前打

2021/5/28 18:55
【ロッテ―広島】三回、広島無死、中前打を放った中村奨(左)

【ロッテ―広島】三回、広島無死、中前打を放った中村奨(左)

【ロッテ―広島】(28日、ZOZOマリン)

 広島東洋カープの中村奨成が反撃の口火を切った。

 三回の先頭打者で迎えた第1打席。初球をはじき返し、二塁の横を鋭く破る中前打を放った。これで3試合連続安打。前日は左翼で先発し、一回に飛球を落球する失策を犯していた。この日は本職の捕手で先発。前夜のミスを引きずらず、好調な打撃でアピールした。

 打線は若ゴイの奮闘に呼応。その後、1死二、三塁とすると、松山竜平が中越えに2点二塁打を放ち追い付いた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

  • 【きょうは何の日】1966年7月31日 (7/30)

     安仁屋宗八が九回2死で無安打無得点を逃した。巨人戦(広島)、黒江透修に左前打を許す。1安打完封、自ら先制打を放ち、開幕13連勝の新人堀内恒夫に土をつけた。

  • 坂倉、捕手力向上へ ベンチのサインなしの訳 (7/29)

     打力が売りの広島の坂倉が、捕手力を磨く。エキシビションマッチではベンチから細かいサインは出ず、自らの判断でプレーを選択。「間違ってもいいので、思ったことは実践したい。ミスして覚えていきたい」と成長を...

  • 矢崎・高橋昂・スコット、1軍練習に合流 (7/29)

     先発枠を争う矢崎、高橋昂、スコットが29日、1軍練習に合流した。3投手とも30日からあるエキシビションマッチのロッテ3連戦(マツダ)で登板予定。アピールを期す。

  • 【きょうは何の日】1957年7月30日 (7/29)

     広岡富夫が広島市民球場の球団1号アーチを放った。国鉄戦で0―2の六回に左中間ソロ。延長十四回引き分けのナイターは午後10時17分終了、国鉄が終電を遅らせた。

  • 佐々岡監督が立て直し誓う オーナーに前半戦報告 (7/29)

     広島の佐々岡監督が28日、広島市南区の球団事務所で松田元オーナーに前半戦の報告をした。チームは30勝42敗10分けの借金12で5位。中断期間でチームを立て直し、まずは勝率5割を目指すことを誓った。