カープ

新型コロナ陽性の長野、九里の隔離期間終了

2021/6/2 14:25
長野久義

長野久義

 広島東洋カープは2日、新型コロナウイルスの陽性判定を受けていた長野久義(36)、九里亜蓮(29)の両選手について、管轄保健所の指示による隔離期間が終了し、3日から活動を再開すると発表した。これで濃厚接触者と判定された森下暢仁と高橋昂也の2選手を除き、陽性判定を受けていた全9選手が活動を再開することとなった。

 長野は20日、九里は23日にPCR検査を受け、陽性と判定されて療養を続けていた。当面はチームに合流せず、自主練習に取り組む。 


この記事の写真

  • 九里亜蓮

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧