カープ

5日に交流戦初登板の森下、田中将と「背番号18」対決

2021/6/4 17:41
キャッチボールで調整する森下

キャッチボールで調整する森下

 5日にマツダスタジアムである広島東洋カープ―楽天で、広島が中23日の森下暢仁、楽天は日米通算179勝の田中将が予告先発する。「背番号18」同士の顔合わせとなる。

 森下は交流戦初登板。新型コロナウイルス陽性者の濃厚接触者と判定され、管轄保健所の指示による隔離期間が3日に終了した。4日にチームに合流し、キャッチボールやダッシュで調整。5月12日のヤクルト戦以来の登板に備えた。

 田中将は今季8年ぶりに楽天に復帰した。広島戦は通算で5試合に登板し、3勝0敗1セーブ、防御率1・03。完投勝利が2試合あり、そのうちの1試合は完封だった。好投手の投げ合いに注目が集まる。 


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧