カープ

佐々岡VS工藤 指揮官初対戦は痛み分け

2021/6/11 8:33

 通算138勝106セーブを挙げた佐々岡監督は現役時代、通算224勝のソフトバンクの工藤監督に勝てなかった。1991年の西武との日本シリーズで3試合に先発し1勝2敗。2敗は工藤監督に投げ負け、日本一もつかみ損ねた。

 ペナントレースでも勝てなかった。工藤監督が巨人に移籍した2000年以降、先発で投げ合ったのは04年の1度。佐々岡監督が三回途中7失点と打ち込まれた。現役時代は佐々岡監督の3敗、工藤監督の3勝と明暗が分かれた。

 8日のソフトバンク戦は指揮官となって初対戦。1―1の痛み分けとなった。4学年上の指揮官の存在を問われると「いや〜、そんなに意識はしていない」と照れ笑い。雪辱を果たすのは日本シリーズ―。その舞台に立つことを諦めない。(川手寿志)


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

赤ヘル24時の最新記事
一覧

  • 栗林、テレビカメラの前でも堂々 (7/9)

     9日が誕生日のルーキー栗林が場慣れしてきた。それはチームの窮地を救って仁王立ちするマウンド上だけでない。テレビカメラの前でも堂々としたたたずまいを見せている。 先日にあった「バリバリバリユニホーム」...

  • 玉村、本拠地初勝利 まぶしい笑顔とプロの壁 (7/6)

     2日の阪神戦で本拠地初勝利を挙げた玉村のヒーローインタビュー。「うれしいです」と見せた笑顔が、まぶしく映った。プロの壁に、ぼうぜんとする姿を見たことがあるからだ。 公式戦デビューした昨年11月1日の...

  • コルニエル「大瀬良投手のように」 (7/2)

     コルニエルは練習生から育成選手になったばかりの昨秋、ある抱負を口にしていた。「大瀬良投手のようになりたい」。異国の地で一歩を踏み出したドミニカンには、制球力も力強さも優しさも兼ね備えたエースの姿がま...

  • 大道が父と祖父へ 初勝利のプレゼント (6/29)

     大道は親孝行である。父の日は「肩凝りがしないように」とチタンのネックレスを父貴志さんと祖父直行さんにプレゼント。「学生のころはお金がなく余裕がなかったが、今回は贈りました」と照れた。 家族の前ではよ...

  • 黒田・菊池と並ぶ、栗林の記念プレート 「すごい所に」 (6/25)

     「すごい所に入れさせてもらえたな」。栗林は驚きを隠せなかった。新人のデビューからの連続試合無失点記録を記念するプレートが23日、マツダスタジアムに設置された。黒田の日米通算200勝と、菊池の二塁手の...